会社概要Company Profile

社長挨拶

平成飼料株式会社 代表取締役社長 甲斐達之

平成飼料はその名前の通り、平成元年に設立された家畜用飼料の受託製造会社として30有余年事業を継承して参りました。

飼料には色々な役目が必要ですが、弊社は受託製造工場として、原料を安心安全に配慮しながら配合し、加工し、製品として出荷することが使命と考えております。

また、食の安全に対する要求は更に平準化しており、これに応えるべく食品の国際標準規格の認証を取得し、品質保証に更に取り組んで参ります。

私達は装置産業として、これからもみなさまの「食を支える」をモットーに、日々研鑽して参ります。

平成飼料株式会社
代表取締役社長
甲斐達之

会社概要

会社名
平成飼料株式会社
所在地

〒314-0103
茨城県神栖市東深芝4-7

電話
0299-93-1331
FAX
0299-93-1365
設立
1989年9月(平成元年9月)
資本金
1億円
株主
  • 兼松アグリテック株式会社 45%
  • フィード・ワン株式会社 35%
  • 兼松株式会社 20%
工場敷地
19,545㎡(約5,923坪)
役員
代表取締役社長
甲斐 達之
代表取締役常務
武田 英嗣
取締役
山田 勝己
取締役
高島 祐一
取締役
西條 泰弘
取締役
秋元 淳志
取締役
岩瀬 裕紀
監査役
小川 典之
監査役
矢谷 敦史
従業員数
21名 他協力会社含め総勢約40名
事業内容
A飼料(配合飼料・単体飼料)の製造・出荷

組織図

平成飼料株式会社組織図

沿革

1989年9月(平成元年9月)
兼松アグリテック㈱、大洋飼料㈱、兼松㈱、マルハ㈱の4社合弁による受託加工専門工場として設立
1990年4月(平成2年4月)
創業開始
1998年4月(平成10年4月)
単体圧ペン製造開始
2000年3月(平成12年3月)
マルハグループ(マルハ、大洋飼料)との合弁解消により兼松アグリテック㈱の直営工場となる
2005年4月(平成17年4月)

BSEガイドライン施行に伴いA飼料専用工場として大幅改造し再スタートを切る

(主な増設設備)

副原料サイロ、圧ペン設備、ペレット設備、

ポストミキシング設備、新バラ製品タンク棟

2008年12月(平成20年12月)

日本配合飼料㈱(現:フィード・ワン㈱)の資本参加を受け兼松アグリテック㈱、

日本配合飼料㈱の受託工場となる

2017年5月(平成29年5月)

抗菌性GMP適合認証取得

2020年9月(令和2年9月)

ISO22000:2018認証取得